一過性のリウマチとは

一過性のリウマチとは

リウマチは、軽い一過性の症状、血液に出て変形という目に見える症状の重いタイプの二つに分けられます。

一過性のリウマチでは、今後思い症状になることはありません。

軽いタイプの症状例は、痛いのだが腫れていることはない、痛みが移動する、体の疲れやすいといった特徴があります。

一過性のリウマチは、生理が早く終わった女性がなりやすいという報告があります。

このタイプだとリウマチと診断されることなく、治療ができないケースが多々あります。

一過性のものを判断する手段として、ステロイドが効くか確認してから判断します。

痛みが本物であれば、通常の症状と同じくMTXや生物学的製薬の治療薬が有効です。

痛みが軽減してきたら、処方されている分を全部使い切るということをせずに、徐々に薬を減らしていきましょう。

軽いものでも葉酸を摂取しておくと効果をあげることができます。

サプリメントで市販さているので一緒に併用して早く治していきましょう。

軽い症状であったとしても、専門の病院に行くことを強くすすめます。

本当に治る病気なのか?

一般的にリウマチという病気は治らないというイメージがあるのですが、実際のところはどうなのでしょうか?実はリウマチという病気は、完全に解明されていない病気なのです。

現在の研究結果では40%が遺伝子の原因、60%が体の免疫機能が低下していることがわかっています。

治らないわけではありません。

早い段階で治療薬の注射と内服薬を服用した組み合わせで痛みや腫れを消すことができます。

リウマチが発症してから1~2年以内に治療を行えば、変形してしまうことはありません。

炎症の勢いが少なく、まだ全身へ行っていない場合では治す期間が短くすみます。

専門の医療機関で治療をしていても症状が進行しているケースもあります、そういった場合では、今までリウマチを治療してきたという経験が多い医師がいる病院にしましょう。

リウマチの治療の詳細

遠い病院であっても症状の進行をストップすることができると考えれば苦ではないはずです。

確かな経験がある医者がいる病院は実際に通院した人の意見を聞いてみましょう。

そういった意見はインターネット検索したらいいです。